Category -  本には書けない料理のコツ

【煮るとかたくパサつく豚肉の部位を、しっとり食べるには?】

前回のメルマガでは、 煮豚にするときに、もも肉を使うと、あっさり仕上がりますが、こってりが好きな人にとっては、 ・脂身がないからとろ~っとならない・硬く締まった感じ・パサつく と印象になりますよね。 という話をしました。 …

【お肉を煮込んでもかたく締まったままでした…】

「煮豚」を作られたことはありますか?   1時間以上コトコト煮るという点では 時間がかかって大変そうに思えるかもしれませんが、   煮汁にどぼんと入れて、 あとは煮るだけの簡単さ。   前回 …

【肉は煮込むとかたくなる?いえ、違います】

先週<レシピのいらない料理術®>では、 節分前に、講座生対象に「巻きずしを作ろう」Zoomを開催。 かんぴょうやしいたけの伝統的巻きずしから、海鮮巻き、牛肉巻き、韓国風キンパ 好きなモノを作ってみよう!と。 今年 …

【クルクル巻くだけで見栄えよく】

冬は、白菜が冷蔵庫に必ず入っていて手をかえ、品をかえ、いろんな料理に登場させるのですが、 白菜だけで何かを作るとしたら? 「ゆでた白菜のお浸し」 これまた、お弁当にするとなると、汁気が出そうな料理ですね。 しかも、見栄え …

【ごま和え、お浸しの汁もれを防ぐコツ】

ほうれん草の旬は11~2月。今が一番おいしい季節です。 お弁当にごま和え、お浸しは定番ですね。 やはり気になるのが「汁もれ」。 前回のLINEでお伝えした通りに、味つけしてからすぐに盛り付けず、ボウルの中にしばらくおいて …

【さっき味見したときにはおいしかったのに】

料理ができて味見した時点では、バッチリ味がきまっていたのに、 1時間後、食卓でそれを食べると、 『あれ?味が薄くなって、ぼやけている』   これでガッカリした ご経験はありませんか?     …

【湯の使い回しで「料理を段取りよく」】

【料理を段取りよくするためには『湯の使い回し』】 料理の個別相談をする中で 「段取りが悪い」「だから時間がかかるんです」 そこがお悩みになっている方がとても多いと感じます。   わかる、わかるよ~。 ささっと作 …

【著書の新刊発売!】科学でわかるパンの「なぜ?」(柴田書店)

『科学でわかるパンの「なぜ?」』 Q&Aで理解するパンづくりのコツと技術(柴田書店) 私の著書の新刊が1/22に発売されます。 まだ書店に並んでいませんが、本日、刷りたてホヤホヤが届きました! 前作『科学でわかる …

【鏡開きの餅は、揚げるといいよ】

【鏡開きの餅☆いつもの食べ方に飽きちゃった方へ】 鏡餅って、乾燥してカピカピになっていますよね。 それを、あんもちやきなこもちにしてもつきたてのほうがよかったと言わんばかりに 反応がイマイチ。 そこでおすすめは、「揚げ餅 …

【青くさくない七草がゆを作るには?】

1月7日は「春の七草」   七草がゆを作ろうと、レシピ検索している方はいませんか? 私は何年間も、毎年1月7日に、春の七草の2品をご紹介しています。   新作はないの? と思われるかもしれません。 料 …

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 35