なかべ たかこ(「レシピのいらない料理術」認定講師・大阪)

「家族の笑顔が増えたのは、この料理を学んだから」

レシピのいらない料理術 認定講師

なかべ たかこ です。

私は学習塾を17年経営・指導、
ピアノ教室も開いています。

主人、息子(24歳)、娘(19歳)の4人家族で、

子どもたちは中高一貫校に進学、
11年間お弁当を作ってきました。

(1年間は息子と娘がかぶっているので
その1年は2人分と主人のと合わせて
3人分のお弁当作りでした)

せめてお弁当くらいは、

と朝から作っていたので
もうそれだけで大仕事をした気分(笑)

私の仕事は基本夕方からなので、
遅い日は20時終了となるわけです。

そこから晩ご飯の準備…
もう苦痛でしかない。

帰りに安くなったお惣菜を買う日がしょっちゅうで、

誰だかわからない人が作ったものに対して、

家族は無反応…

どんどん冷めていく主人との関係…

何とかしたいと心の中で思うものの、なかなか進歩せず。

やる気を出して料理の検索をしても、

目の前がキラキラするような料理には巡り合わず、

再度作りたくなったときには
「どれだったっけ?」
見つけるのに時間を費やし…

そんな時、とある交流会で、万紀子先生と出会いました。

お話をお聞きしても、

まぁ、私には 料理=苦手 
というものがあったので 先には進めず。

数ヶ月経って、
ママ友と料理の話をしたとき、

ふと頭に浮かんだのが

レシピのいらない料理術

でした。

そのママ友に言うと、

「ワンディレッスン行こうよ♪」

私から話を出したのに、

そのママ友に引っ張られる形で参加したワンディレッスン。

『1日で何品も作れるなんてホント?』

私の半信半疑の顔をした写真が

万紀子先生の手元にありますー笑笑

         (2018年5月 1DAYレッスン)

でもねー
そのワンディレッスンを受講した帰り、

あれだけ 料理=苦手 
だった私が、

早くスーパーに行きたい!と思うほど、

自分でも不思議なほど180度変わったのを感じました。

その日の夜に、
学んだ料理を再現したら、

家族のびっくりした、

とびきりの笑顔を見ることができたんです!

『料理は人の心を動かすと言うけど、このことだったんだ!』

パァーッと何か明るい光が差したのを 今でも鮮明に覚えています。

日を重ねるごとに 笑顔が増え、

会話が増えたとき、

マスター講座の受講を相談した主人から

「受講してきてほしい」

 

は⁉︎ なんて言いました?

私より主人が「レシピのいらない料理術」にハマっていたんですよね。

まさか、『節約大好き』の主人から
こんな言葉が出るとは想定外で 嬉しくて♪

和食•中華•洋食のマスター講座は

料理が苦手な私も楽しめる料理ばかりで、

帰っては再現してました。

料理のコツも万紀子先生が丁寧に教えてくださるから、
心配無用で。

それこそ、毎日、
「レシピのいらない料理術」で習った料理を作りました。

マスター講座が終わってからは

すっかり以前の私は姿を消し、

厨房のお手伝いも入りたくて入りたくて。

 

そんなときに、講師活動のお話をいただき、

迷わず足を踏み入れ、今に至ります。

春からひとり暮らしを始めた息子に
料理法を伝授していたので、

作りましたLINEが入ったら 親として安心しますし、
とても嬉しい!

娘も昨年から自分でお弁当を作って大学に通うという、

『生きるための力』を少しずつ楽しみながら身につけてくれています。

レシピのいらない料理術に出会わなければ 

笑顔の絶えない家庭はなかったはず。

子どもたちに料理を伝授する機会もなかったはず。

 

料理が楽しい♪
 
短いこの言葉ですが、
得るものの大きさを感じることができました。

もう、全て
レシピのいらない料理術
万紀子先生のおかげだと心から感謝しています。

私が感じたこの体験を、

今度はこれを読んでくださっているあなたに感じてほしい。

目の前がキラキラする毎日を過ごしてほしい。
 
こう思いながら、講師活動をしています。


まだまだ半信半疑のあなたへ

そのあなたの心を、
ワンディレッスンで変えさせてください!

ご家族みなさんの笑顔が ずっとずっと輝き続けますように♡

.

認定講師(大阪) なかべ たかこ

 

なかべ たかこの個人ブログ
https://ameblo.jp/2971211070/

 

 

Pocket